長寿命型(長期優良住宅) 補助金について

今回ちょっといい情報をお伝えさせて頂きます。ずばり『国からの補助金制度』です。おそらく『長期優良住宅』って言葉を一度くらいは聞いた事があるかと思います。国の補助金制度にもいくつか種類があるのですが、その中の『長寿命型(長期優良住宅)』、分かりやすく言うと、長寿命型という言葉の通り長きにわたり安心して住める家(長期優良住宅)を建てる事業者には国から補助金を出しましょう、という事です。

今回は『地域型住宅グリーン化事業』という国土交通省から地域の工務店などの事業者に対しての補助金制度なのです。補助対象枠は弊社が加盟している「日本ツーバイフォー建築協会」の「四国グループ」内での枠です。

枠に制限がございますので基本ルールとしては早いもの勝ち、となっております。


○『地域型住宅グリーン化事業』

  『長寿命型(長期優良住宅)』 補助金額 100万円 

   条件:平成283月末までに工事請負契約締結、かつ補助金交付申請を行うこと


「長期優良住宅認定」取得によるメリット(※長期優良住宅の申請費用は別途必要。)

  1. 固定資産税(軽減措置の延長)

    新築後、通常3年間の税額が12に減額(120㎡までが対象)

    「長期優良住宅」は5年間に延長されます。

  2. 不動産取得税の課税標準から1,200万円控除されるのに対し、

       「長期優良住宅」は1,300万円が控除されます。

  3. 登録免許税

       新築住宅は通常、評価額×0.15% に対し、

       「長期優良住宅」は評価額×0.10 に軽減されます。

       フラット35sの借入時にも「長期優良住宅」ならではのメリットもあります。


今回の内容にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ頂けます様、お願い致します。詳しく分かりやすくご説明させて頂きます。またご質問やご不明点、またお家の設計提案から資金計画・返済計画まで、何かお手伝い出来ることがあればお気軽にお聞き頂けます様、宜しくお願い致します。


お問合せは

TEL: 087-813-7207 (18:00以降:090-8695-2189)

Mail: info@design-resort.jp 

まで、宜しくお願い致します。