リフォーム&リノベーション

HOME > リフォーム&リノベーション

 

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションってどう違うの?

リフォームやリノベーションを検討している人は必ずと言っていいほど抱く疑問ですね。
最近よく聞く「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いのではないのでしょうか。
ここでは、同じように使ってしまいそうな「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご説明します。

 

リフォームとは

リフォームとは

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。マンションやアパートにおいては、現在の入居者が退居した後、その入居者の住む前の状態に戻すことがあります。
そもそも「reform」の英語の意味は「悪い状態からの改良」を意味し、基本的に、壊れている・汚れている・老朽化している、等の箇所を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることをいいます。

 

リノベーションとは

リノベーションとは

「リノベーション」とは、現状の建物に工事を行うことで、性能を向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
そもそも「renovation」の英語の意味は「革新、刷新、修復」を意味し、プラスα していく発想で機能や価値をあげることをいいます。現代のスタイルに合わせて間取りを変えたり、デザイン性の高いものに変えたりすることも含まれます。

 

リフォームとリノベーションの大きな違い

リフォームとリノベーションの大きな違い

「リフォーム」と「リノベーション」の使い分けはすごく曖昧になっています。 しかし2つの言葉の間には、主に「工事の規模的なもの」と「住まいの性能的なもの」の違いがあります。

 

工事の規模的な違い

設備の変更・修繕など、キッチンやユニットバスの入れ替えやクロスの貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。
そして、間取りや水道管・排水管・暖房換気設備の変更などの大規模なものは「リノベーション」に分類されます。

 

住まいの性能的な違い

新築時のような性能になる場合は「リフォーム」に、それ以上の性能になる場合は「リノベーション」に分類されます。
最近は性能の向上や価値を高めるリノベーションが注目を集めていますが、リノベーションのメリットだけではなくデメリットもきちんと知っておきましょう!

 

CONTACT

tel.087-813-7207
受付時間 9:00~18:00