SPEC性能について

HOME > 性能について

デザインリゾート株式会社 C値(相当すき間面積) 検査結果

C値(相当すき間面積)

C値(相当すき間面積)

C値(相当すき間面積)計算式

 

それでは、すき間の量の測定方法を簡単に紹介しましょう。
換気口など計画的にあけた穴を全部ふさぎ、室内の空気を送風機で強制的に外に排出します。
このときに生じる気圧差と風量でC値を算出します。
Q値と同様にC値も地域ごとに基準値があり、首都圏は5.0cm²/㎡以下に設定されています。

 


 

次世代省エネルギー基準とは

次世代省エネルギー基準とは平成11年省エネルギー基準のことを指します。

昭和55年に旧建設省・通産省によって初めて省エネルギーが定められ、その後、平成4年省エネルギー基準(新省エネルギー基準)が定められました。

次世代省エネルギー基準は平成11年にCO2の排出を押さえて、地球温暖化対策に貢献するために新省エネルギー基準に比べて、10~30%程度の省エネ効果向上を図り、更に高いレベルの省エネルギー基準として設けられました。

次世代省エネルギー基準には、仕様規定として、断熱材の厚さや機密施工を規定したものと、性能規定として、主にQ値C値の基準値を定めた規定の2通りになっています。

性能規定でのQ値やC値の基準値は次のようになっています。

地域区分 Ⅰ地域 Ⅱ地域 Ⅲ地域 Ⅳ地域 Ⅴ地域 Ⅵ地域
Q値 1.6 1.9 2.4 2.7 2.7 3.7
C値 2.0 2.0 5.0 5.0 5.0 5.0

上の中の Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ は地域区分で次のように区分されています。

地域区分 都道府県
Ⅰ地域 北海道
Ⅱ地域 青森県 岩手県 秋田県
Ⅲ地域 宮城県 山形県 福島県 栃木県 新潟県 長野県
Ⅳ地域 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 富山県 石川県 福井県 山梨県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県
Ⅴ地域 宮崎県 鹿児島県
Ⅵ地域 沖縄県

 

弊社の完成物件のC値測定結果

住宅の気密性能試験結果(1)

住宅の気密性能試験結果(2)

相当隙間面積

C値 0.4(cm²/㎡) ≦ 5.0(cm²/㎡)次世代省エネ基準の12.5倍の性能 <香川県 Ⅳ地域>

C値 0.4(cm²/㎡) ≦ 5.0(cm²/㎡)次世代省エネ基準の5倍の性能 <北海道 Ⅰ地域>

測定結果は、北海道の水準でも十分にクリアしていましたが、さらなる高気密住宅を施工し、高品質の住環境に今後も取り組みます。

 

デザインリゾート株式会社 UA値/ηA値

完成物件の断熱等性能等級

建物条件

建物名  
建築地名 丸亀市今津町
省エネルギー基準地域区分 6地域(香川県丸亀市(旧丸亀市))
外皮等面積(㎡) 519.59㎡
屋根勾配(寸) 3.0寸

 

判定

断熱等性能等級:等級4

  基準値 算定値 判定
等級2 等級3 等級4
外皮平均熱貫流率 UA値(W/㎡K) ②/① 1.67以下 1.54以下 0.87以下 0.49 等級4
冷房機の平均日射熱取得率 ηA値 ③/①×100 3.8以下 2.8以下 1.5 等級4
結露防止の基準 a)浸透抵抗の小さい断熱材使用時は、防湿層を設置 等級4
b)屋根または外壁を断熱構造とする場合にあっては、断熱層の外気側への通気層の設置、その他の換気上有効な措置を講じる

 

CONTACT

tel.087-813-7207
受付時間 9:00~18:00